噂の高級「生」食パン専門店『乃が美(のがみ) はなれ』つくば店に行ってみました!

スポンサーリンク

嫁めがね
この記事は嫁めがねが書きました!

こんにちは。もうこうなったら食べ物専門でブログ書こうかなと思い始めている、嫁めがねです。もちろん今回もタイトルの通り、食べ物レポートです(開き直り)。
ここ最近、コストコの前を通り過ぎた交差点で信号待ちをしてると、とあるお店に並ぶ行列を目撃していました。調べてみたら、有名な高級生食パンの専門店が茨城県に初出店したようで、まさにその場所でした。『PIC PhotoSalon つくば店』さんのお隣です。7月6日にオープンしたばかりなんですね。パンの町のつくば市民は、とりあえずチェックに行くでしょう。現在、立派なつくば市民である私、乃が美(のがみ)へ買いに行って参りました!


高級「生」食パン専門店『乃が美』(のがみ)
http://nogaminopan.com/

店舗情報
【乃が美(のがみ) はなれ つくば店】

住所 〒305-0816 茨城県つくば市学園の森2-20-3
電話 029-896-4447
営業時間 11:00~18:00
定休日 月曜日

予想通りの行列。でも思ったよりは待ちません

開店は11時ですが、開店前から既に行列が出来るとの情報を経て、ドライブがてら10時半前に様子を見に行きました。その時点で待ってる人数は5-6人(平日です)。思ってたより並んでないなと、一旦帰宅してから開店時間に来店しました。するともう50人程の行列。しくじった感ハンパないです。外に屋根は無く、アスファルトの上なので、ちょっとこの季節はキツイなぁと思いつつも、いざ行列に参加。店内は5人程しか入れないスペースなので、ほぼ外で見えるのが待ってる人数です。皆さん、日傘や帽子と日除け対策ばっちりです。

ちなみに駐車スペースは沢山ありますが、この行列なので満車です。1台出たらすぐ1台という感じで、入れずウロウロしてる車もありました。

この人数だと間違いなく30分以上は待つ覚悟をしていましたが、20分程でお店の入り口に来ました。店内はシンプルに3段の平棚とラック、レジ台のみで、平棚には生食パン達が紙袋に入って並んでいます。店員さんは3名で、レジは1台。列の2番目になると店員さんが注文を聞き、すぐに用意してくれます。なので、自分の番が来たらレジでお金払って終わりです。この無駄の無い接客で待ち時間も短くなってるんですね。ただこちらのお店、予約も可能なので、予約の時間帯になると先にレジへ通されます。私が店内に入ったタイミングがちょうど予約時間だったみたいで、数人が先にレジに通して貰ってました。若干そこで足踏みです。でもその時間にさえ当たらなければスムーズだと思います。

謳ってる通り、パンもジャムも高級です。が、理由がちゃんとある!

乃が美(のがみ)は専門店と謳っている通り、商品は基本的に生食パンとジャムのみです。店頭にはクルトンもありました。価格はホームページにも明記されてます。ちなみにこんな感じです。

「生」食パン
ハーフ1斤432円(税込)
レギュラー2斤864円(税込)

ジャム (ストロベリー、ブルーベリー、マーマレード)170g
1本1080円(税込)
3本セット3240円(税込)

今回のお買い物、私はいつもと違う行動に出ました。乃が美(のがみ)のホームページで見たところ、某スーパーで買う食パンの4-5倍になるこの価格…どれを買うか思わずヒゲめがねに相談しました。2人でガクブルしながら決めて購入した商品は後ほど。

それにしても何故こんなに高いのか…。生食パンはトーストしなくても美味しく食べれる事を目指したパンで、その為に材料もこだわっているようです。小麦粉はカナダ産の乃が美(のがみ)オリジナルブレンド。お米を作るのと同じくらい丁寧にこだわって作られた高級小麦だそうです。あえて使われているマーガリンもオリジナルの高級マーガリン。トランス脂肪酸がバターよりも低く設定されており、植物性なのでコレステロールも低く体にやさしいものだそうです。他の素材も徹底して吟味しているとの事。
そしてこの生食パン、たくさん売れているにも関わらず、機械ではなく全て職人さんが1つ1つ丁寧に焼き上げています。生地をこねたり切ったりする度に休ませ、美味しくする為に一手間かけているそうです。焼く時は常に温度と時間を調整して、ムラなく焼き上げる為に、1度に50本しか焼けないとは驚きです。他にはない美味しい食パンを作る為、こだわりの素材を使い、手間暇かけている対価がこの価格なんですね。

お値段にふさわしい驚きの美味しさでした

それではいよいよ今回購入した商品達です。

先ずは本命の生食パン。今回はレギュラーサイズ(2斤)にしました。

このような上品な紙袋に入っていて、手土産にも良さそうです。美味しい食べ方が袋に同封されています。先ずは記載の通り、何もつけずに千切って食べてみました。

手を添えた時に力を入れ過ぎると潰れてしまう柔らかさ。このふわふわだと、ナイフで綺麗に切るのが難しいので、千切って食べるのは理に適っていると思います。食べてみると、フワッと滑らかな口当たりと、優しい甘さで何も付けなくても本当に美味しいです。美味しいものセンサーが付いてる娘さんは、撮影してる横から手を伸ばして耳をちぎり、ペロリ。いつもの食パンだと耳は食べないのですが、『おいしー!』とい言いながら、今度は半斤千切って抱えて食べ出しました。耳、本当に美味しいんです。むしろ私は耳の方が好みなくらいです。家族3人でパクパク食べ進み、あっという間に1斤以上食べてしまったので、2斤買ってて良かったです。
続いてのおすすめの食べ方、1日おいてから食べてみました。切った断面をみるときめ細かく、昨日よりも重さがあります。食べてみると、ほどよくしっとりしていて、口当りが柔らかいです。購入した当日、翌日で食べ比べると、どちらも凄く美味しいですが、個人的には当日のふわふわが好みです。

そして今回はもう1つ、乃が美(のがみ)の高級ジャムを1本購入しました。

正直、1080円でこのサイズ(170g)のジャムは悩みました。ア◯◯ハタのジャムが何本買えるのかと。しかし、よほど美味しいのだろうという夫婦の食に対する貪欲さで、ブルーベリージャムを購入。
千切った高級生食パンに惜しみなく塗りたくりパクリ。

こちらのジャム、生食パンに合うように作られてるそうですが、本当に合います!ジャムだけだと少し甘いかなと思いましたが、生食パンに塗ると生のブルーベリーの風味がして、凄くフルーティに感じました。美味しさのあまり塗るたくり、瓶の半分を食べてしまいました(あぁ、もう500円分食べちゃったよと貧乏じみた会話があった事は言うまでもありません…)。

生食パンもジャムも高級な価格設定が納得のものでした。行列に並んでる時に『前に来たら、12時過ぎに完売してて買えなかった』といった会話が聴こえて来ましたが、開店前から並んでも食べたい逸品です。特に生食パンはリピート決定です。実家や親戚への手土産にも、是非利用させて頂きたいと思います。

つくばには他にもおいしいパン屋さんがいっぱい!

過去にこのブログで紹介させていただいたパン屋さんです!
よろしければこちらもどうぞ!

できるだけ無添加で作られた『Phgeon Post ピジョンポスト』のパンを買ってみた!

2018.07.14

MeTocoで新たにオープンした『Boulangerie une Amie(ブーランジェリー アン アミー)』へ行ってみました!

2018.11.08

ドイツパン最高か。つくばのベッカライ・ブロートツァイトのサンドイッチは毎日食べたい。

2018.11.19

週2日のみ営業の可愛いパン屋さん『とこぱん』へ、スイーツ系ブリオッシュを買いに行きました。

2018.11.26

つくばのおいしいパン屋さんをまとめてみました!
よろしければこちらもどうぞ!

【随時更新】実際に食べてみて美味しかったつくばのパン屋さんをまとめてみた!

2019.03.29
ブログ村バナー

クリックしていただけると励みになります…!

スポンサーリンク