【メロンパンがつくばパンコンテスト優勝!】和のベーカリーカフェ『蔵日和(くらびより)』さんに行って来ました

スポンサーリンク

嫁めがね
この記事は嫁めがねが書きました!

ある日、私の遺伝子を受け継いだメロンパン大好き娘が唐突に「パン屋さん行きたい!メロンパン食べたい!」と騒ぎまして。

そういえば、つくばパンコンテストで優勝したメロンパンてどこだろ?パンの町、つくばでトップになったメロンパン、絶対に食べてみたい…。そんな訳で、第1回つくばパンコンテストのテーマ『メロンパンの部』で優勝したメープルメロンパンのお店、和のベーカリーカフェ『蔵日和(くらびより)』さんへ行って来ました。

敷地内を見るだけで、和に触れられる空間。米蔵を改装したパン屋さんはその名の通りでした

お店はつくば市内でも畑や田んぼが多い地域、金田にあります。研究学園から向かうと、つくば市立桜中学校の先にあります。お店の入り口には、武家屋敷のような立派な木造の門があるので、見た瞬間に分かります。

車で行った際の駐車場ですが、道路を挟んでお店と反対側にあります。写真をご参照下さい。

10台程駐められますが、蔵日和さんがある敷地内には他にもレストランがあり、さらに蔵日和さん自体がランチもやっているので、お昼時は一気に満車になります。

ちなみに、私が平日の11時頃に到着した時はまだ余裕がありましたが、帰りの11時半過ぎには満車になっていて、駐車待ちしている車がいました。そして私と同じくペーパードライバーの方へ重要な情報。駐車スペースの大半が、割と鋭角な斜め駐車になります。何回切り替えした事か…駐車に自信が無い方は、空いてる時間帯に行くのをオススメします。

立派な正面の門の前に行くと、案内書きが。

蔵日和に行くには、こちらの門ではなく、左にある赤い門から入るようです。案内書き通り、左の赤い門の前に来ると、右手には登録有形文化財の石碑があります。

敷地内奥にある茅葺き屋根のお家は、和の雰囲気の中でイタリアンが楽しめる完全予約制のお店『藤右衛門(とうえもん)』さん。

なんと築190年の古民家を改装してるそうです。ちなみに蔵日和さんは、同じ敷地内にある米蔵を改装してベーカリーになりました。

蔵日和さんに続く門の入り口には、敷地内のイラストマップがあるので、お店の位置を確認。敷地内に入ると砂利が敷き詰められていて、目の前には立派な日本庭園が広がります。

入って左手には『パン番長の基地』と書かれた黒い建物が。いわゆるパン工房です。

ちょうど職人さんの手元が見えるくらいの窓があり、作ってる様子が見られます。その基地と反対側になる右手にあるのが蔵日和さんです。

米蔵を改装してので、こちらも素敵な佇まいです。入り口の奥にはテラス席が。

お願いするとパンを温めてくれて、日本庭園を見ながら美味しいパンを食べられるそうです。イートインはお店の2階にもあるようで、屋根裏部屋のような落ち着いた空間になっているそうです。

ランチタイムはランチメニューを注文した方が優先となるようなので、ご注意下さい。

店内に入ると、右側手前にはラスクなどの焼き菓子、その奥には例のメロンパンが!しっかりポップがあるので分かりやすいです。正面奥には惣菜パンからスイーツ系まで、色々な種類のパンが並んでいます。入り口左手にはレジとショーケースがあり、ショーケース内にはカットケーキと人気のアンチョビバターがありました。

※店内の写真は撮影許可を頂いております。

メープルジャムがトロリ。メープル尽くしのメロンパンは、みんなが好む美味しさです

早速、つくばパンコンテスト優勝のメロンパンから商品紹介をスタートします!

メープルメロンパンは、メープルが練りこまれたクッキー生地の上に大粒のメープルシュガー、中にはメープルジャムというメープルの風味がとことん楽しめるメロンパンでした。

温めるとメープルジャムがトロリとして、ザクザクのメープルシュガーと共に食感を楽しめます。普通のメロンパンとは異なるので、メロンパン好きは勿論、メロンパンが苦手な方も好きになると思います。娘さんもペロリでした。

続いては、私がパン屋さんに行くと必ず買うミルククリームフランス。さっばりめのミルククリームで美味しかったです。

オニオンとベーコンのパンやウインナーのパンは、王道の惣菜パンですね。どちらもパンと具のバランスが良く、美味しかったです。

そしてラスク。

今回はココアを購入しました。娘さんはサクサク系のものが好きなので、ついつい買ってしまいます。パン屋さんのラスクって美味しいですよねぇ。

270円のバケットを買うと、350円のアンチョビバターが付いてくる⁈さらには10円パン⁈

メロンパンと共に蔵日和さんを気に入ってしまったのがここから。お得なイベントが満載でした!

なんと、270円の美味しいバケットを1本買うと、アンチョビバターのミニサイズをプレゼントして貰えるんです。

このミニサイズのアンチョビバター、お店では350円で販売されています。敷地奥にあるイタリアンレストラン『藤右エ門』さんでも出されてる代物で、オンラインショップでも人気だとか。

バケットにアンチョビバター、美味しいのは間違いなかったです。スライスしたバケットに、おろしニンニクを薄く塗り、その上にプレゼントして貰ったアンチョビバター乗せてトーストしたら最高でした!

270円で食べられる贅沢な味、これはリピ決定です。

そしてお店では、週替わりでお楽しみイベントがあります。イベントのカレンダーもありますので、確認してから伺うと楽しいかもしれません。

既にブログ書くまでに2回伺っているのですが、1回目は1000円以上購入でのジャンケンイベント。

会計時、店員さんにジャンケンで勝つと、216円以下のパンが1つサービスされるという太っ腹イベントでした。残念ながら私は負けてしまいましたが、親子で飴を頂きました。娘は飴ちゃんに大喜びで、2回目の来店時、イベントやっていないのに、レジの下で必死に「ジャンケンポンっ」て言いながらチョキ出してました(笑)。

その、娘が1人でジャンケンしてた2回目の来店時は、10円パンの日でした。なんと、メール会員になるとパン番長が考えたイベントオリジナルの特別パンが、10円で買えるとの事。早速メール登録して購入しました。10円のパンだし、小さいバターロールみたいなのかなぁ…なんて思ってたら、大間違いです。この日の10円パンは、葉っぱの形をしたパンの中に狭山茶の餡が入ったお茶パンでした。

抹茶ではなくお茶の餡なので、爽やかな緑茶の香りがして美味しかったです。こんな美味しいパンが10円!しかも、お1人様2個まで購入出来ました。いやぁ、もう満足です。ご馳走様でした!!

こんなに得しちゃってお店に申し訳ない気持ちですが、素敵な建物と美味しいパン、楽しいイベントで、また行きたくなるパン屋さんでした。今度はカフェスペースでも、のんびり日本庭園を見ながら食べてみたいと思います。

つくばのおいしいパン屋さんをまとめてみました!
よろしければこちらもどうぞ!

【随時更新】実際に食べてみて美味しかったつくばのパン屋さんをまとめてみた!

2019.03.29
ブログ村バナー

クリックしていただけると励みになります…!

スポンサーリンク